稲田朋美防衛相は3日、県議会が陸上自衛隊による新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画の受け入れを県に求める決議を可決したことについて「配備に向け、非常に大きな前進だと受け止めている」と述べ、歓迎する意向を示した。

 同時に「引き続き地元に対し、しっかりと丁寧に説明していく」と強調した。視察先の広島県江田島市で記者団の質問に答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加