「人類は小さな球の上で/眠り起きそして働き/ときどき火星に仲間を欲しがったりする」-。詩人の谷川俊太郎さんのデビュー作『二十億光年の孤独』の一節である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加