環太平洋連携協定(TPP)発効を見据えた農業改革の攻防が再び始まった。全国農業協同組合連合会(JA全農)が農家に販売する生産資材の値下げが焦点だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加