■金銀の箔が輝く 佐賀伝統の錦あじろけんらん 江戸時代、鹿島鍋島藩9代目藩主夫人が病床に伏した際、天井の網代組みの文様を見て何か日常に使うもので表現できないかと思案。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加