銀行の預金口座の残高から買い物代金が即時に引かれるデビットカードの利用が急増している。1999年の導入後、さほど広がりを見せていなかったが、近年は使い勝手が良くなり、特典も付くなど魅力が増していることが背景にある。

 デビットカードは口座残高の範囲での利用となり、使い過ぎる心配がない。支払額が預金口座からすぐに引かれるため、クレジットカードと比べて家計管理が簡単なことも利点だ。

 日銀によると、2016年度のデビットカードの決済件数は推計約1億800万件で、10年度の約2500万件と比べ4・3倍に増えた。銀行がビザやJCBといったクレジットカード会社と連携し、利便性を高めた「ブランドデビット」の躍進が利用増を支えている。これまでは銀行主導の「J-デビット」が主流だったが、使用できる店舗や時間帯が限られ、近年は利用が減っている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加