開門の論議は「別の場」と切り離し、開門しない前提を曖昧にしたまま協議を進める国の基金案を巡り、長崎地裁は6日、推移を見守る姿勢を見せた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加