■「大人」4割超、強まる自覚 「選挙権」も基準の一つに

 「18歳は大人だと思うか」という問いに対して、思うと答えた生徒は43・1%、そう思わないは56・9%だった。3年生で見ると、思うと答えた生徒は44・2%で全体と比べてあまり変わらなかったが、2月のアンケートと比べると、5・3ポイント増えた。

 18歳は大人だと思う理由は、「働いている人もいる」や、「自分の意見をもっている」といった経済的な自立や判断力を挙げる生徒が目立った。「選挙権を得たから」という理由も4番目に多かった。大人と思わない理由は、「20歳からが大人だから」や「未熟だから」といった成人年齢や、人としての成熟度を挙げる人が多かった。

 大人と思う理由に挙がった選挙権に関し、逆に思わない理由として「ただ選挙に行けるというだけで、まだ社会の事を何も分かっていない」という声があり、選挙権を得たからといって大人とは言えないという意見も一定数見られた。

 「成人年齢」を20歳から18歳へ引き下げる動きについては、64・7%が「20歳でいい」と否定的な回答が多かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加