唐津湾沖の海砂採取の限度量見直しについて協議する学識者の検討会(荒牧軍治会長、6人)が6日、佐賀市で開かれ、これまで認可していた年間130万立方メートルを「3割程度削減が望ましい」という意見をまとめ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加