九州労働金庫の常務理事・佐賀県本部長に就任した相川司氏(61)。「働く人の福祉金融機関に身を置く責任の重さをひしひしと感じている」と語る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加