■「逃げるわけにはいかない」 平成9(1997)年9月のこと。橋本龍太郎首相から連絡があり、「保利さん、今度、国会対策委員長を引き受けていただきたい」と言う。私にとってはまさに驚天動地の話だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加