■ふるさと寄付増見込み

 藤津郡太良町は6日、2017年度の一般会計当初予算案を定例町議会に提案した。町に寄せられるふるさと応援寄付金を前年同期の5倍以上の8億円と見込み、総額は前年度比29・1%増の71億8000万円で、過去最高となった。

 主な歳出は、寄付に対する返礼品や事務経費を含むふるさと応援寄付金事業に6億1813万円、給食センター建設事業に3億4412万円、PFI方式による定住促進住宅購入費に3億1804万円などを計上している。

 歳入は町税が前年度比4・6%増の7億2046万円。自主財源比率は11・3ポイント増の38・6%。地方交付税は4・2%減の23億円、国庫支出金は71・1%増の8億634万円。

 町債発行額は21・0%増の6億2730万円で、町債依存度は0・6ポイント減の8・7%。17年度末の町債残高は48億7879万円を見込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加