最優秀賞の表彰を受けるシグマの松本弘之営業部長(左)=県庁

 環境配慮の運転に取り組んでいる企業を表彰するエコドライブコンテスト2016(佐賀県主催)で、電気工事業のシグマ(佐賀市)が最優秀賞に輝いた。社有車の走行距離やガソリン使用量の管理表を作成し、燃費管理を徹底していることが評価された。

 コンテストは2回目。16年6~12月の中の1カ月で、県内22社が行った燃費改善の取り組みを審査した。

 表彰式は県庁であり、県環境課の松尾国宏課長が「受賞者のアイデアが県内企業の手本になれば」とあいさつ。シグマの松本弘之営業部長は「小さな取り組みの積み重ねが地球温暖化防止につながればうれしい」と語った。

 他の受賞企業は次の通り。

 優秀賞 セリタ建設(武雄市)鶴松造園建設(唐津市)▽特別賞 太陽(みやき町)三栄(唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加