赤く色づいたリンゴを次々と収穫する親子連れ=佐賀市三瀬村のまるじゅんリンゴ園

 日照り続きの夏が一段落し、山間部では秋の訪れを感じさせるリンゴ狩りが始まり、親子連れや団体客でにぎわっている。

 佐賀市三瀬村のまるじゅんリンゴ園(小副川高浩代表)では、例年より5日ほど早く色づいた「津軽」が赤い実をずっしりとつけている。「今シーズンはやや玉が小さいが、色づきがよく味が濃縮されている」と小副川代表。

 村内から親子で訪れた冨永えりかさん(38)、あさひさん(5)、才造君(2)は「リンゴ大好き。みんなですぐ食べてしまう」と旬の味を楽しみにしていた。

 まるじゅんリンゴ園は時期をずらして約10品種を栽培しており、11月下旬まで収穫を体験できる。入園料は中学生以上430円、4歳~小学生320円。問い合わせは同園、電話0952(56)2244。

このエントリーをはてなブックマークに追加