江戸の一時期だけ作られた唐津焼「武雄焼」

江戸時代からの唐津焼の技を受け継ぐ作家

 NHKは9日19時半から、BSプレミアムで「美の壺『幻の唐津焼』」を全国放送する。再放送は13日11時~、15日6時半~。

 日本の陶器の代名詞「唐津焼」。わび・さびが特徴とされるが、イメージを覆す唐津焼が続々登場する。400年以上前の一時期にだけ作られ、“幻”と言われる「斑(まだら)唐津」は、白い表面にうっすら浮かぶ青い斑点が特徴。江戸時代に作られた「武雄焼」は、生命力あふれる雄大な図柄や、うわぐすりを勢いよくかけ、流れる様をそのままデザインにするなど自由で破天荒。さらに、常識を覆す新作もあり、唐津焼の深遠なる世界に迫る。出演:草刈正雄、語り:木村多江。

このエントリーをはてなブックマークに追加