70年の歴史を振り返る東西松浦駅伝大会写真展=伊万里市役所

 70年の歴史を誇る東西松浦駅伝大会の写真展が6日、伊万里市役所ロビーで開幕した。地域や職場の期待を背負って走るランナーたちを撮った写真56枚や過去の佐賀新聞記事などを展示し、大会の歩みを振り返っている。17日まで。

 難所の峠道を表情をゆがめながら走る姿や、ゴール地点でテープを切る歓喜の表情など、ランナーたちの躍動が伝わる写真が並ぶ。レースだけでなく沿道の風景や応援に立つ市民、伴走車などから、時代の移り変わりも感じ取れる。

 駅伝の大ファンで毎年、大坪公民館前で応援しているという柳本光圀さん(71)は「新聞のチラシで写真展があるのを知って、早速見に来た。レースの面白さが伝わる」と写真の中から知っている選手を探していた。21~31日には唐津市役所ロビーで開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加