トヨタ紡織九州―豊田合成 後半、相手の厳しいマークを受けながらも奮闘するトヨタ紡織九州のCB金東〓(吉を横に二つ並べる)(中央)=愛知県の豊田合成アリーナ

 終盤の粘りも、最後は日本リーグ屈指の攻撃力に押さえ込まれた。2連勝を狙ったトヨタ紡織九州レッドトルネードは豊田合成に逆転負け。後半4度追い付く執念も見せたが、あと一歩及ばなかった。

 序盤は「立ち上がりから攻撃的に」(石黒将之監督)との思惑通りに進んだ。今季初勝利となった前日の北陸電力戦で温存したCBキム・ドンチョルが前半だけで5得点と躍動。勝利が好影響をもたらし、選手たちの落ち着いたボールさばきには余裕さえ感じられた。

 ただ、その体には確実に前日の疲労が残っていた。リーグ屈指の攻撃力を持つ相手に対し、序盤こそ3―2―1の攻撃的な守備陣形で対抗したが、後半は足が止まり相手の鋭いカットインについていけなかった。反応が遅れて手を出しては反則を繰り返し、それが直接の敗因となった。

 試合後、悔しさを押し殺し、「『いい試合だった』じゃいつまでたっても上に上がれない」と話したのはRB松浦慶介。強豪と競り合った手応えよりも、疲労で動かなくなった自分の体に歯がゆさをにじませていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加