国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)は7日、日本が来年の世界文化遺産登録を目指す古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)の現地調査を始めた。11日まで構成資産を見て保全状況を確認するなどし、登録にふさわしいか評価する。

 調査はニューカレドニアの考古学者クリストフ・サンド氏が担当。7日は文化庁や県の職員らが遺跡の概要を説明した。

 8日からは九州本土にある宗像大社(宗像市)の境内や、「海の正倉院」と呼ばれ、今も一般の立ち入り制限や女人禁制などのおきてが守られている沖ノ島にも渡って現地を視察する。

 イコモスは来年5月ごろ、調査結果を踏まえて世界遺産にすべきかどうかをユネスコに勧告。同7月、ポーランドで開かれる世界遺産委員会で登録の可否が審査される。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加