国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)は7日、日本が来年の世界文化遺産登録を目指す古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)の現地調査を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加