トヨタ紡織九州―豊田合成 前半、倒れ込みながらシュートを放つLB八巻雄一=愛知県の豊田合成アリーナ

 第42回日本ハンドボールリーグ第5週最終日は24日、愛知県の豊田合成アリーナなどであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は豊田合成(愛知県)に29-31で敗れた。通算成績は1勝1分け4敗。順位は暫定8位のまま。

 トヨタ紡織九州は前半、CBキム・ドンチョルを攻撃の軸に先行。GK下野隆雄の好セーブもあり、17―14で折り返した。後半も立ち上がりから攻め続け、一時は5点差までリードを広げたが、反則による退場で連続得点を許すと、さらに退場が続いて流れを失った。

 トヨタ紡織九州は第6週の30日午後3時から神埼市の神埼中央公園体育館で湧永製薬(広島県)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加