第70回全国高校バスケットボール選手権大会県大会最終日は24日、佐賀市の諸富文化体育館ハートフルで男女の準決勝と決勝があった。男子決勝は佐賀東が延長の末、佐賀北を88-87で退け、2年連続13度目の優勝。女子決勝は佐賀北が清和を47-36で下し、3年ぶり4度目の頂点に立った。

 男子の佐賀東は佐賀北と激しく競り合い、同点で第4クオーターを終了。延長も終盤までもつれたが、1点差でかわした。女子の佐賀北は中盤から徐々に点差を広げ、清和に主導権を与えなかった。最優秀選手は男子が江頭優雅(佐賀東)、女子は古賀君香(佐賀北)が選ばれた。

 男女の各優勝校は12月23日から東京で開かれる全国選手権に出場する。

【男子】

準決勝 佐賀北99-55佐賀商、佐賀東120-61有田工

▽決勝

佐賀東 88 16-24 87 佐賀北

      24-15

      21-25

      17-14

      延 長

      10-9

【女子】

準決勝 佐賀北70-55唐津東、清和79-55佐賀東

▽決勝

佐賀北 47 12-12 36 清和

      12-10

      10-8

      13-6

このエントリーをはてなブックマークに追加