三瀬村の農家民宿を紹介するシーン

古湯温泉を紹介するシーン

佐賀牛を調理するシーン

 佐賀市が初めて作成した外国人向けの観光PR動画が人気を集めている。8日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めると、22日までで約740万再生回数を突破した。視聴された国や年代を分析し、佐賀市の観光施策に役立てる。

 動画は3分43秒。タイトルは佐賀弁でゆっくりとを意味する「ゆっつら~と」を参考に「Surf Slow SAGA」とした。バルーンや有明海の干潟、佐賀牛など約30場面を高画質の4Kで紹介している。視覚的に魅力を伝えようと、映像と音声だけで構成した。

 動画は、ネットの閲覧履歴から、視聴者の動画冒頭に広告として表示される仕組み。台湾、香港、韓国、タイ、アメリカ、オランダの六つの国と地域を対象にしている。

 市観光振興課は「佐賀市の観光客を増やすには、まずは知ってもらうことが大切。視聴者の情報を分析して、効果的なPRにつなげたい」と意欲を見せる。

このエントリーをはてなブックマークに追加