<一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ>。1575(天正3)年、徳川家康の家来、本多作左衛門重次が長篠(ながしの)の戦いの陣中から妻にあてた手紙とされている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加