熱気球世界選手権組織委員会は8日、19年ぶり3回目の佐賀市開催となる大会の概要を発表した。31カ国・地域から105人が出場し、変形気球なども合わせると、過去最多となる187機が佐賀の空を彩る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加