佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画などを審議する佐賀県議会の佐賀空港・新幹線問題等特別委員会は8日、理事会を開き、9月定例議会での審議について協議した。質疑を県執行部に絞るか、防衛省の参考人招致も行うかで折り合わなかったため15日に再度協議する。

 会議は非公開。木原奉文委員長によると、自民会派が県執行部と防衛省への質疑を求めたのに対し、県民ネットワークは県執行部への質疑を要望した。諸会派は県執行部と防衛省の質疑を求める意見のほか、「閉会後の審議もやって(双方に質疑して)いい」という声もあったという。

 特別委員会は29日に審議する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加