会談後、握手を交わす今村復興相(左)と小池百合子都知事=8日、東京都庁

 今村雅弘復興相は8日、東京都庁で小池百合子知事と会談し、東日本大震災からの「復興五輪」と位置付けられている2020年五輪・パラリンピックに向け、被災地の機運醸成などで連携を強化していくことで一致した。

 小池知事は、五輪・パラリンピックの旗を各地で披露する「フラッグツアー」を被災地でスタートさせる考えを示し、自らも「被災地に足を運びたい」と述べた。これに対し、今村復興相は「大会前の盛り上げなど、いろいろな形で協力をお願いしたい」と述べた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加