鹿児島県の三反園訓知事が川内原発(薩摩川内市)の即時一時停止の要請を断念した。難しいと承知の上で「停止圧力」をかけ続けた結果、九州電力から安全対策の支援拡充など「実利」を得て妥協した形だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加