参院選の18、19歳投票率

◆佐賀は18歳49%、19歳40%

 総務省は9日、7月の参院選で新たに有権者となった18、19歳全員(約240万人)の投票率(選挙区)を調査した結果、18歳は51.28%、19歳は42.30%、18歳と19歳を合わせた投票率は46.78%だったと発表した。都道府県別で最も高かったのは東京、最低は高知で、都市部が高く、地方が低い傾向が表れた。佐賀は18歳が49.61%、19歳が40.02%だった。

 地方出身者が住民票を実家に残したまま進学や就職で都市圏に引っ越し、投票に行かなかったケースや、隣接県を統合して一つの選挙区にする「合区」などが原因として考えられそうだ。

 都道府県別で見ると、トップの東京は18歳が62.23%、19歳が53.80%。神奈川、愛知が続き、埼玉や千葉なども上位に入った。最低の高知は18歳が35.29%、19歳が26.58%。以下、宮崎、愛媛、徳島、香川などが並んだ。

 総務省はこの日、20歳以上の年齢別投票率についても、一部の有権者を抽出した調査結果を公表した。18歳の投票率は20代、30代のいずれの年齢の投票率よりも高かった。過去の国政選挙では年齢が下がるにつれて投票率も低下する傾向が続いていたが、70年ぶりの選挙権年齢の引き下げに伴って18歳の関心が高まった結果と言えそうだ。全世代を合わせた投票率は54.70%。

 18歳と19歳の比較では、全ての都道府県で18歳が19歳よりも高く、約6~13ポイント上回った。

 抽出調査による5歳ごとに区切った年代別の投票率では、最も高かったのは70~74歳(73.67%)で、以下65~69歳(71.65%)、75~79歳(70.13%)の順。最も低かったのは20~24歳(33.21%)、次いで25~29歳(37.91%)、30~34歳(41.85%)だった。

 総務省は参院選投票日翌日の7月11日に、18、19歳の一部を抽出した投票率を算出し公表。その後、都道府県の選挙管理委員会を通じて全員調査を実施した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加