相続の手続きや遺言について講演した近藤正俊さん=佐賀市高木瀬町のエコプラザ

 家や土地などの相続について理解を深めようと、佐賀市高木瀬町のエコプラザで学習会が開かれた。司法書士の近藤正俊さん(61)が相続の手続きを説明し、トラブルを未然に防ぐために遺言の活用も呼び掛けた。

 近藤さんは、民法の相続に関する条文の「一切の権利義務を承継する」という部分を取り上げ、「親のお金が自分のものになるというだけではない」と強調した。借金を背負うことがあることを挙げ、「相続放棄するなら3カ月以内に手続きをとらないといけない」と注意を促した。

 また、「自筆証書遺言」と、証人2人以上の立ち会いのもと公証人に内容を口授する「公正証書遺言」について特徴を解説し、遺言の活用を勧めた。

 学習会はNPO法人さが環境推進センターが主催し、約30人が参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加