佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡り、佐賀市の畑瀬信芳総務部長は9日、市として諾否判断する段階になった場合、市民の意見を聞く場を設ける方針を明らかにした。

 市議会一般質問で、議員が「市全体の問題であり、市として説明会を開くべきではないか」とただした。

 畑瀬総務部長は「県が方針を決め、佐賀市に協議の申し入れがあり、市の判断が必要になった場合、市主催で市民の声を聞く場を設ける必要がある」と述べた。一方、「現在は市の方針を決める段階ではない」との見解を示した。

 川副町では既に九州防衛局が住民説明会を実施し、4校区別の説明会も予定している。畑瀬総務部長は、市民から計画の説明を聞きたいとの意見が出れば、既に実施した川副町と同様の説明会を九州防衛局に要請する考えも示した。

=オスプレイ配備の先に=

このエントリーをはてなブックマークに追加