■川を境に対馬、鍋島藩 旧長崎街道、鳥栖小学校の校庭に沿って流れる轟木川を「番所川」とも呼ぶ。江戸時代、この川を境に東は対馬藩田代(たじろ)領、西は鍋島藩佐賀領に分かれ、鍋島側に番所があった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加