女性がんサバイバーを対象にしたバスツアーを企画した「叶人集団」の井上真由美代表(右)と化粧療法士の樺嶋純さん

◆温泉、ランチ、化粧療法 

 人材育成事業などを手がける小城市の「叶人(かなえびと)集団」(井上真由美代表)は10月24日、女性がんサバイバー(患者)に癒やしの時間を過ごしてもらう日帰りバスツアーを開く。温泉や食事を楽しみ、化粧療法で元気になってもらう内容で、井上代表は「不安や苦しみを一時的でも忘れ、笑顔を取り戻してもらいたい」と参加を呼び掛けている。

 がんを宣告され、死の恐怖や将来への不安と向き合う女性を対象に、メークなどを通じて生きることを楽しんでもらおうと企画。民間団体が認定する化粧療法士の樺嶋純さん(41)=福岡県みやま市=らと協力し、初めて実施する。

 当日は、佐賀駅バスセンターから美肌の湯といわれる福岡県朝倉市の原鶴温泉を目指す。旅館でランチを味わい、温泉でリラックスするほか、同行する化粧療法士6人が参加者をメーキャップ。フルメーク後の笑顔をプロカメラマン2人が撮影し、参加者にプレゼント。看護師2人が同行、急な体調変化にも対応するほか、女性専用の貸し切りバス「姫バス」を使い、体に負担なく移動できる。

 参加費5000円。井上代表らは運営費の一部をクラウドファンディングサイト「エーポート」で調達する計画で、企画の趣旨に賛同する人の協力を呼び掛けている。問い合わせは井上代表、電話090(5485)5683。

このエントリーをはてなブックマークに追加