務台俊介内閣府政務官が台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を1日に訪れた際、長靴を履かず、職員に背負われて水たまりを渡っていたことが10日、分かった。務台氏は同日夜、共同通信の取材に「大変申し訳なく猛省している」と語った。視察で現地を訪れた今村雅弘復興相は報道陣に「担当としておわび申し上げる。申し訳ありません」と述べた。務台氏は復興政務官も兼務している。

 今村氏は「話を聞いて、何をやっているんだと指摘した。本人は大変恐縮して『ばたばたやっていたので、ついそこまで気が至らなかった』と言っていた」と語った。

 務台氏は政府調査団の団長として1日、9人が死亡した高齢者グループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」がある乙茂(おとも)地区の被災状況を確認した。

 ある政府関係者は、水害現場の視察で長靴がないのは準備不足だとした上で「不眠不休で対応している町役場に失礼だ。被災者が見たらどう思うかという想像力も欠けており、残念だ」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加