広島は緒方孝市監督(47)を就任3年目となる来季も続投させる方針であることが10日、分かった。1年目の昨季は4位に終わったが、今季は25年ぶりのリーグ優勝に導いた。球団幹部は「優勝する、しないにかかわらず(続投は)当然のこと」と説明した。今季は上位打線を固定。若手とベテランをうまく融合させ、リーグトップの得点力を生み出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加