■上位対決 浦和に敗れ6位

 明治安田生命J1リーグ戦第2ステージ第11節は10日、さいたま市の埼玉スタジアム2002などで9試合があり、サガン鳥栖は浦和レッズに0-2で敗れた。ステージ順位は6位に後退、通算成績も10勝8分け10敗(勝ち点38)で11位に落ちた。鳥栖は前半終了間際に2失点。後半攻勢をかけようとしたが、浦和の守備を崩せなかった。

 年間1位の川崎は福岡を3-1で下し、勝ち点25で並ぶ浦和を総得点で上回り首位を守った。G大阪は甲府に逆転勝ちし、同23で3位に浮上した。神戸は磐田を4-3で下し4連勝。鹿島に勝った柏とともに勝ち点を22に伸ばした。DF闘莉王が復帰した名古屋は新潟に1-0と19試合ぶりに勝利を挙げた。大宮は広島を下し、FC東京に完敗した湘南は9連敗。

 第12節は17日にあり、鳥栖は午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムでサンフレッチェ広島と対戦する。

★電子新聞に複数写真 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加