佐賀大学医学部附属病院リハビリテーション科(佐賀市鍋島)は台湾の研究機関と共同で、脊髄を損傷して下半身がまひした患者向けの起立歩行支援ロボットの開発に取り組んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加