ギターに製作者の名を付けることが多い中、“合瀬ギター”とするのに抵抗があった。「弾く人にとって誰が作ったかは関係ない」と、名前はない方がギター単体をまっとうに評価してもらえるのではないかと考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加