米山秀隆氏

 佐賀新聞社が主催する佐賀政経懇話会と唐津政経懇話会が20、21日に開かれる。富士通総研経済研究所の米山秀隆主席研究員が「急増する空き家とこれからのまちづくり」をテーマに講演する。会員制だが、一般も有料で聴講できる。

 佐賀政経懇話会は20日に佐賀市のホテルニューオータニ佐賀、唐津政経懇話会は21日に唐津市の唐津シーサイドホテルで、いずれも午前11時から開く。

 米山氏は1963年、新潟県生まれ。野村総合研究所、富士総合研究所を経て、96年に富士通総研に入社。マクロ経済と住宅・不動産市場の分析を専門とし、まちづくりや地域活性化の観点から空き家や空き店舗の活用を提唱している。主な著書に「空き家急増の真実-放置・倒壊・限界マンション化を防げ」など。

 一般の聴講料は5千円。申し込みは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加