佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡り、九州防衛局が佐賀県に示した想定飛行経路に大野原演習場(嬉野市・長崎県東彼杵町)が含まれていたことについて、嬉野市の谷口太一郎市長は12日の市議会一般質問で、「新聞で見るまでは知らなかった」と答えた。市内への影響や住民への説明に関しては、「まずは配備について関係団体による議論の結果を待ちたい」と述べるにとどめ、県や佐賀市、漁協の議論を注視していく考えを示した。

 谷口市長は想定飛行経路について「新聞の記事には出たが、私たちには直接説明はない」と話し、報道後、九州防衛局への確認もしていないとした。

 大野原を含む飛行経路を容認するかどうかや、基幹産業である観光や演習場周辺で生産が盛んな茶産業への影響も問われたが、「現在、佐賀空港に配備されるかどうかという基本的な流れがあり、関係の方々が議論している最中なので、その結果を待つのが当然と思う」として明言を避けた。

 佐賀新聞の取材に対し谷口市長は「正式に計画が発表されれば当然、国から連絡があると思う。詳しい確認はそれからしていきたい」と語った。

=オスプレイ配備の先に=

このエントリーをはてなブックマークに追加