玄海原発(東松浦郡玄海町)の再稼働に関して、佐賀県が専門的なアドバイスを求めるために設置した原子力安全専門部会のメンバーについては、守田氏が原子力規制委員会の技術評価検討会委員、出光一哉・九大大学院教授(核燃料工学)は、原発を持つ電力10社から拠出金を受け2016年10月に発足した「使用済燃料再処理機構」(青森市)の非常勤理事を務めている。

 出光氏は取材に「佐賀県の専門部会は再稼働の是非を決めるわけではなく、県に(国の審査についての)コメントを求められる場と理解している。役員であることは県にも申告しており、問題ない」と強調した。

 県原子力安全対策課は、守田氏が寄付を受けていたことや出光氏の役職などについて「事前に把握していたが、規制委に準じた適格要件には問題がないので委員をお願いした」と説明した。専門部会の中立性に関しては「白黒を判断してもらうのではなく、あくまで県がアドバイスをもらうのが設置の目的。高い専門知識をお持ちなので問題はない」と述べ、委員の変更はしない考えを示した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加