エース古舘と前川らの継投で守備からリズムをつかむ。打線は長打力に欠けるため、少ない好機を確実に得点に結び付けたい。失点を最小限に抑えられるかが鍵となる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加