■鳥栖市副市長に就任 サッカー選手の血も騒ぐ 「鳥栖は発展可能性を秘めた地域。県とのパイプ役として汗をかきたい」-。2期8年務めた篠原正孝副市長(68)の後任として1日付で就任した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加