「可もなく不可もなく、淡々と」の印象だった。4月の県議改選後、初の定例会は23日間の審議を終えた。山口祥義知事が初めて本格編成した6月予算や新総合計画はじめ、いずれも原案通り可決された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加