餌の不足や出産・子育てのため、イノシシやサルなどの農作物被害が増える夏場を迎え、有害鳥獣の駆除が活発化してきた。佐賀県内の有害鳥獣の駆除数は右肩上がりで増え、被害金額は減少傾向にある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加