アフリカ・ケニアの僻地(へきち)医療に情熱を傾けた若き医師を描いた小説『風に立つライオン』。さだまさしさんの歌がモチーフだが、モデルは長崎大から派遣された実在の医師。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加