2.百済「武寧王」の生誕伝説 加唐島には、6世紀前半に朝鮮半島で活躍した百済25代の王「武寧王(ぶねいおう)」がオビヤ浦の洞窟で生まれ、そばにある井戸の水を産湯に使った、という伝説が残っています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加