■神集島自然と万葉の息吹に満ちあふれる島 西暦200年代、仲哀(ちゅうあい)天皇の妻であった神功(じんぐう)皇后が神を集め、戦勝を祈願したことから名づけられた神集島。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加