厚生労働省は13日、2015年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費(概算)は41兆4627億円で、過去最高を更新したと発表した。前年度と比べ1兆5千億円の増加で、伸び率は3・8%。

 高齢化や医療技術の高度化に加え、薬の値段と薬剤師の技術料を合計した調剤が約6800億円(9・4%)も急増し、医療費を押し上げた。厚労省は「高額なC型肝炎治療薬の使用が15年秋以降に増えたことが影響したのではないか」と分析している。

 電算処理のレセプト(診療報酬明細書)の集計では、15年度はC型肝炎治療薬を含む抗ウイルス剤の薬剤料が前年度から2954億円も増え、約3・5倍になった。16年度の診療報酬改定でこれらの治療薬の価格は引き下げられたが、厚労省は高額な新薬の増加を受け、適正使用に向けた指針や価格見直しの新ルール作りを始めている。

 概算医療費は公的医療保険と公費、患者の窓口負担を集計したもの。15年度の1人当たり医療費は前年度から1万3千円増え32万7千円。75歳未満が9千円増となる22万円、75歳以上も1万7千円増の94万8千円と大きく膨らんだ。

 診療別では、調剤が7兆9千億円と大幅に伸び、外来と調剤で22兆1千億円と全体の53・3%を占めた。入院が16兆4千億円(39・5%)、歯科は2兆8千億円(6・8%)だった。

 都道府県別の総額では、東京が4兆3891億円で最も高く、大阪(3兆1848億円)、神奈川(2兆5433億円)が続いた。佐賀は3129億円。最も低かったのは鳥取の2078億円だった。【共同】

 =ズーム= 

 ■概算医療費 医科、歯科、調剤にかかった医療費の速報値。社会保険診療報酬支払基金と国民健康保険団体連合会が審査したレセプト(診療報酬明細書)を基に集計し、医療費の動向を迅速につかむことができる。概算医療費に労災保険や全額自費分などを含め、1年間にかかった医療費全体は「国民医療費」と呼ばれ、概算の約1年後公表される。

このエントリーをはてなブックマークに追加