好投手を擁する両チームの一戦は、鹿島実が終盤に鳥栖工・楢嵜を攻略した。 鹿島実は七回、先頭の7番大江が左前打で出塁。2死三塁と好機を広げ、1番山口の適時二塁打で先制した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加