NHK経営委員会の石原進委員長は13日、報道陣の取材に応じ、インターネット配信による番組視聴の普及を念頭に「公共放送として維持していくには、受信料を何らかの形で頂くことは当然必要になる」と述べ、ネット視聴にも受信料支払いを求める制度改正が必要との考えを示した。

 同日の経営委員会では、ネットと受信料の在り方について執行部側から報告を受けた。委員会終了後、石原委員長は「インターネットも、当然お金がかかる。(ネット配信)実験をしており、いくらかかるかが出ると思う」と話した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加