■これからが流行のピーク 腸管出血性大腸菌感染症に注意! 気温が高い夏場は、「O157」などに代表される「腸管出血性大腸菌」による感染症が多発します。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加