民進党代表選候補者の記者会見で厳しい表情を見せる蓮舫代表代行=13日午後、東京・有楽町の日本外国特派員協会

 民進党代表選に立候補している蓮舫代表代行は13日、国会内で記者団の取材に応じ、自身の台湾籍が残っていることを確認したと明らかにした。「記憶の不正確さで混乱を招いたことをおわびしたい」と陳謝した。同時に「違法性はないと思う」とも語り、15日投開票の代表選から撤退せず、選挙戦を継続する考えを明らかにした。日本と台湾の「二重国籍」の疑いがあるとの指摘に対し、これまで記者会見などで否定していた。

 蓮舫氏は、台湾の駐日代表部に当たる台北駐日経済文化代表処から12日に台湾籍が残っていると連絡を受けたと説明した。台湾籍を否定していたことには「発言が統一性を欠いたことは率直に申し訳ない」と述べた。

 蓮舫氏は台湾人の父、日本人の母の間に1967年に生まれ、当初は台湾籍。85年に日本国籍を取得した。この際「台湾籍を放棄したと認識していた」という。

 日本の国籍法は、外国籍を持つ人が日本国籍を選ぶ場合、外国籍を離脱する努力義務を規定している。

 若手議員は「蓮舫氏は発言が二転三転した。代表になれば自民党や日本維新の会が攻撃してくるだろう」と述べ、党運営に少なからず影響するとの見方を示した。【共同】

 =識者談話=

 ■有権者が判断すべき

 国籍法に詳しい近藤敦名城大教授(憲法)の話 日本の国籍法は、相対的に二重国籍を少なくしようという体系だが、運用上は完全に排除することは難しい。日本で二重国籍を持つ人は少なく、これまで意識して考えることもなかった。これだけの問題に発展するのは初めてだ。ただ、今回のケースは法律違反ではない。けしからんと思う人もいるだろうし、気にしない人もいるだろう。欧米では二重国籍の政治家は珍しくない。どういう人を選ぶかは有権者が判断すべきことだが、ある程度、寛容に受け止めないと選択の幅を狭めることにもなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加